ぽんこつらいふ

ぽんこつなわたしの日常

高校見学へ行こう

大相撲九州場所がはじまって以来

毎日ウキウキなぽんこつおかあちゃん TKboo です

今日は高校見学のお話しです

高校見学へ行こう

高校受験

むすめ二人とも将来は何になりたいという

明確な目標はないけれども高校や大学には行ってみたい

という希望はあるようです

家で勉強しないことでおなじみの次女はいま中三です

勉強しない受験生なんです

www.tkboo.work

高校見学?

わたしにはまったくなじみのない言葉でした

何しに行くんだろう?

見て何になるのだろう?

今の時代はHPの情報やパンフレットだけでよかろうもん!

と思っていました

田舎の受験 

とにかく勉強が嫌いだったから勉強したくなかったわたしは

高校に行きたくないとごねてみましたが

親に説得されて高校受験をすることになりました

対馬には三つ公立高校があるのですが

近くにある公立高校に行くしかないというか

そこに行くとしか思ってないのでどこに行こうかなど

考えることも悩むこともなくそこのみ受験しました

実はわたしは私立高校の存在さえ知らなかったですw

そんなのんきな島っ子だったので内地の高校に行く人は

勉強やスポーツがが出来る人かものすごく素行が悪くて

対馬の高校に落ちた人が行く所だと思っていました

都会の受験

長女が受験生になって都会はたくさん学校があるので

選択肢が多すぎてこんなことから考えないといけないんだ

という驚きから始まりました

公立高校と私立高校、一応どちらも志望校を決めてどちらも受験

二回も試験なんてわたしは絶対に嫌だ!!(対馬でよかった!)

偏差値や内申点などを見て行けそうな高校を

決めたり目指したりしているみたいです

進路説明会

中学校で何度か親子へ向けた進路説明会があります

長女の時はわたし自身も何もわからなかったので行ってみると

公立高校には受けれる学区があるということなど

今までに知らなかった事を知りました

次女が中三になり進路説明会にははじめの一回だけ参加しました

長女の時となんら変わりもなかったと言ったら

ならもう来なくていいねと言われたのでそれ以来参加していません

高校見学

そんな次女も春からお友達といくつもの高校の見学へ行っています

長女も高校見学はお友達と行っていたので

わたしは行ったことがありません

見学から帰ってきては制服が可愛かったとか

楽しそうな学校だったとか校舎がきれいだったとか

女子ってそんな感じなんですかね

ほんとはもっと他にみないといけない所あるだろうが!

と思うけど決めるのは本人達だしお土産なんかもらってきて

あれこれ話しながらキャッキャと喜んでいるのを見ていたら

何も言えないです

まさかのお誘い

次女も今までお友達と行っていた高校見学なのに

なぜか一緒に行こうよと誘われました

「え、嫌だ」と言ってみたものの理由を聞けば

一緒に行くお友達が今回はお母さんも行くらしく

わたしも知っているお母さんだったので

声がかかったというわけです

ちょっと住んでいる所から遠いので公共交通機関を使って

通学にどれくらい時間がかかるかなども試してみるし

行ってみようと言うので行くことにしました

ちょっと楽しみ

高校見学に行ったことないわたしはちょっと楽しみになりました

お友達もお友達のお母さんも幼稚園から一緒なので

人見知りのわたしもさすがに顔も知っているし話せます

電車とかの時間調べたり定期券の金額を調べたり

なんだかちょっと張り切ってしまいました

ちょっと待てよ?

楽しみになったり張り切ったのもつかの間

高校見学の日にちをもう一回聞いてわたしは固まります

ごめん

わたし「ごめん、その日ダメやった、行けん」

むすめ「え、なんで?!」

わたし「大相撲九州場所見に行く日」

むすめ「あ~ね!なら三人で行くよ」(意外とあっけない)

わたしの楽しみ

わたしはこどもの頃から相撲が大好きです

でもまわりはあまり知らないんです

最近それがバレつつあってそれはいいんだけど

だいたい相撲好きには見えない顔なので(どんな顔?!)

相撲好きと言ったらだいたいびっくりされて笑われます

お断り

むすめがお友達とお母さんにわたしは行けないということを

伝えなければいけません

「おかあさん相撲見に行く日だから高校見学行けない」って

なんか理由として恥ずかしくないですか?!

むすめにそれを言ったら「そう?大丈夫やろ」と言うんです

むすめにとってわたしの相撲好きは当たり前のことなので

平気らしく普通に伝えたみたいで

お友達の反応さえも覚えてなかったです

今度そのお母さんにも会う機会があるので

何と言われるか少しドキドキしています

むすめのことより自分のこと

そんなこんなでむすめの進路に関わること?なのに

ぽんこつなわたしは

わたしの楽しみの方を優先してしまいました

ごめんよ~

 

それでは